玉ねぎは15分放置して食べる❗️

トピックス

こんにちは!皆さんを運動➕食事の二本の柱で幸せにするオンリーワンボディです!
昨日から、急に暑くなって来ましたね〜
5月は疲れが出やすい時期と言われますね。
水分補給、バランスのとれた食事、適度な運動を取り入れて、質の良い睡眠をとって疲労回復していただきたいです☆

さてさて、昨日は、ちょっと気持ちがほんわかすることがありました♪
お客様から手作りの「新玉ねぎと二十日大根」をいただきました!
玉ねぎは毎日食べている食品なので、助かります〜(*^^*)
すごく有難いです!
二十日大根も、色鮮やかで、見ているだけで微笑ましくなりました♪

皆さんもよく召し上がられている「玉ねぎ」についてですが、皆さんはどのように調理されていますか⁈
調理は時間との勝負とは思いますが、、、
★玉ねぎは15分放置して食べると効果的なのです❗
玉ねぎには、血液をサラサラにする成分「硫化アリル」や脂質を体外に排出(デトックス)してくれる「ケルセチン」などをはじめ、糖尿病・高血圧症・動脈硬化の予防と改善効果、疲労回復、不眠解消、目覚め快適なのどの効果がたくさんあります。
それらの効果を発揮されるためには、調理のポイントがあります。
★玉ねぎを繊維にそって切り、できるだけ玉ねぎ同士が重ならないように平らな所に広げて、15分〜30分ほど空気にさらします。
そうすることにより、栄養成分が安定し、熱にも強くなり、血液サラサラ効果を最大限に引き出すのです。
水にさらすと、せっかくの優れた栄養成分が水に溶け出して薄まり、効果が下がります。
※ちなみに、私は、調理にかかる時に、一番に玉ねぎを切り、大きな平皿の上に広げて放置しています。
昨日の晩ご飯は、いただいた玉ねぎをたっぷり使って、甘酸っぱい「豚モモ肉の南蛮漬け」を作りました(o^^o)

★玉ねぎは生で食べるのが一番オススメ❗
ふつうの玉ねぎを生で食べるのは、ちょっとキツイですよね…
しかし、今は、新玉ねぎのシーズン!
サラダや、酢の物に加えて、生で食べるにはもってこいですね!
でも、生で食べるのには、量的にそんなに食べれないと思うので、空気にさらした後、お味噌汁やスープなどの、汁ごと飲めるものも良いです。
水分に溶け出した栄養成分を摂れるので効果はみられます。
炒め物も少し水分が出た時は、薄い水溶き片栗粉などで水分をとじると、栄養成分も封じ込めますね。

旬の野菜は栄養価が高い!
せっかく食べるなら、食品が持っているパワーを損なわずに摂りましょう!
「理に適った食べ方」をオススメします☆