年中悩む冷え性の解決方法(2)

トピックス

こんにちは!皆さんを運動➕食事の二本の柱で幸せにするオンリーワンボディです!

昨日に引き続き、冷え性の解決方法について、今日は体の内側からのアプローチをご提案したいと思います!

★体温が1度上がれば、代謝が12%がアップ!免疫力は一時的に5〜6倍に!
肩こりや腰痛、便秘などの慢性的な不調がある方は、季節や気温のせいだけではなく、そもそも体温が低いことが原因かも知れません。
運動にプラスして、体を温める食べ物を活用して、「気」や「血」の流れを良くし、新陳代謝を高めましょう!
新陳代謝が高くなると、「太りにくい体」「美肌効果アップ」などの嬉しい効果もあります!

昨日も主人が話していましたが、実際に私は「ひめトレ」を続けているおかげで、骨盤や姿勢の改善・肌の張りやツヤ・美尻⁈効果も少しですが!出てきています(*゚∀゚*)
効果が出るとプチ達成感!みたいな喜びもあり、ますます頑張れますね‼

すみません、、話を戻して
食べ物の活用法にまいりますー。

《体を温める食べ物》
・生姜 ・ねぎ ・玉ねぎ ・にんにく ・かぼちゃ ・ニラ ・しそ ・唐辛子 ・鶏肉 ・羊肉 ・鮭 ・アジ ・えび ・もち米 ・紅茶 ・酒類
などが代表的ですね。

体を温める食べ物と言えば、イメージ的に「生姜」が強いと言われます。
身近で(炒め物や煮物、汁物など)活用しやすいので、ちょっと生姜についてお話しします。

★生姜は「生」と「加熱調理」では、作用が変わります!

★「生」で食べる効果
生の状態の時には「ジンゲロール」という成分があり、解熱・鎮痛・解毒、コレステロール値の低減、殺菌・免疫力細胞活性化、などの効果があります。
よく、風邪の引き始めや、発熱している時に摂ると予防できたり、回復が早いと言われるのは、こういう効果を得られるからです。

★「加熱調理」で食べる効果
加熱した生姜には「ショウガオール」という成分があり、消化器官を刺激して、血流を促進し、体内で熱を作るため体が温かくなります。主に腹部の血行を高めることから「体の芯から温まる」と言われます。

得たい効果によって使い方を工夫してみてください。
ちなみに、よく「ジンジャーティー(生姜紅茶)」のレシピを見かけますが、、
すりおろした生姜を紅茶に入れて飲むのは、「生」で使うということになるので、冷え性の方にオススメなのは、スライスした生姜を鍋で煮出して紅茶を入れる方法で作ってみてください。
少し手間ですが、効果は違います!
オススメ紅茶は、「ルイボスティー」。
ノンカフェイン、脂肪燃焼効果があり、ミネラル豊富で抗酸化作用が高い健康茶です!

★生姜だけでなく、どんな野菜も、物質が小さくなればなるほど、(みじん切りやすりおろしたりすると…)栄養素の効力は小さくなるということをお忘れなく!
きっと食したら解ります!
食べ物も体も正直です!

★生姜を摂る目安量
・一日10g
・乾燥パウダーは一日1g(小さじ半分)
オーガニックの生姜でしたら、きれいに洗って皮ごと使うと効果はさらにアップ!
食物繊維も一緒に摂りたいので、汁だけでなく、まるごと活用したいですね☆

私達は、今日の朝食にスライスした生姜と玉ねぎをたっぷり入れて、中華スープを作りました。
ちょっと肌寒かったので、辣油をプラスして、よりホカホカになりました♪
玉ねぎとスナップエンドウは、主人のご両親の手作りで、本当に甘くて香りがいいので、調味料も少なく済み、減塩になります!
旬の野菜は栄養価が高い!
そして生産者がわかる食べ物は安心ですね☆

食べ物の効果だけでなく、栄養素や効果効能を最大限に引き出す調理方法をこれからもご紹介していきたいと思います!
もっと詳しく知りたい方は、オンリーワンボディにお越しください!
お待ちいたしております☆