骨盤がゆがむとは?

トピックス

こんにちは!皆さんを運動➕食事の二本柱で幸せにするオンリーワンボディ です!

前回に続き、骨盤についてお話しします。
テレビや雑誌などでよく「骨盤のゆがみ」という言葉を聞きますよね。よくある骨盤の悩みです。骨盤のゆがみは、筋肉のアンバランスが原因で起こるもので、骨盤という骨格(骨の並び方)そのものが変形してゆがんでいるわけではありません。では、どういうことなのでしょうか。

骨盤のゆがみは、[見る角度が変わることによってゆがんでいるように見える]ため、あたかもゆがんでいるように見えると言われています。
たとえば、カラダを少しねじると、骨盤の形の見え方は変わります。が、だからといって骨盤の骨格がゆがんだわけではありません。筋の働きにより骨盤の位置が変わり、ゆがんでいるように見えているだけなのです。
カラダは常に動いているので、筋肉が縮んだり緩んだりを繰り返しています。その動いている時にどこかで不具合があると、骨盤が本来の位置に戻れず、不具合があったままの位置で固まってしまいます。これが「骨盤のゆがみ」です。

骨盤のゆがみは、骨格そのものがゆがんでいるのではなく、骨盤を動かしてくれる周りの筋肉が硬くなってゆがんでいるように見せている結果です。なので、筋肉が硬くなったり、緩んでいるような状態がなくなればゆがみも解消されるのです。

次回は、骨盤のゆがみがカラダに与える影響をお伝えします。