抱える動作

トピックス

こんにちは!皆さんを運動➕食事の二本柱で幸せにするオンリーワンボディ です!

今日は「抱える動作」について。
介護のお仕事をされている方は、特に注目してみてください。
抱える動作は、肩を内側に寄せて行います。抱える動作では、胸骨と鎖骨がつながる「胸鎖関節」という関節が支点になるので、胸鎖関節が動かないと抱える動作はうまくできません。
腕を支えるのは、脊柱と体幹の筋肉です。なので、腕の力だけでまかなえない重いものを抱えるときは、脊柱と体幹の筋肉にも負担がかかります。特にいちばん動きやすい腰に最初の負担がかかります。
抱える動作では、下肢や骨盤全体を使って、腕だけに重さの負担がこないようにすることが重要です!介護の仕事でよく腰を痛める人は、腕の力だけに頼り、脊柱と体幹の筋肉をうまく使えていないのが原因だと思います。なので、自分の体も守れるように、一度オンリーワンボディ へご相談ください!うまく、楽に動ける体づくりのサポートをさせていただきます!お待ちしております!