筋肉の過緊張(ガチガチ)が肩こりを招く

トピックス

こんにちは!皆さんを運動➕食事の二本柱で幸せにするオンリーワンボディ です!

先日お話しした肩こりのメカニズムのなかで、原因の一つは血行不良があるといいました。では、その血行不良はなぜ起きてしまうのでしょうか。これも原因はさまざまですが、一つには、「筋肉の過緊張」があります。肩は腕や頭を支えている場所です。腕と頭の重さは約10キロで、その重さが常に肩にかかっています。そのため、肩は大きな力を発揮したり、ダイナミックな動きをしたりしなくても、常に頭や腕を支えるために頑張っているのです。これは、肘を曲げる、伸ばすといったような時の筋肉の働きとは異なります。

小さな力、小さな動きなので気づきにくいものの、常に筋肉が緊張状態にあると血行不良になりがちです。筋肉は、収縮と弛緩(伸び縮み)を繰り返すことで血液の循環をスムーズにしていますが、収縮(緊張)の状態がずっと続いて弛緩が不十分だと、血液の流れが悪くなります。
長時間パソコン作業をしたあとや、座って本を読んだときにも肩こりは起こります。視点を定めるために頭を支える首や肩の筋肉が緊張して、血行不良をもたらすからです。

筋肉の過緊張をもたらさないためにも、普段からしっかりとケアをしておくことが大切です。そのケアをどうすればいいのか、わからない方が多いと思います。
オンリーワンボディ では、無料でカウンセリングや体験も実施しているので、お悩みの方はぜひご相談ください。