肩こりを放っておくとどうなる?

トピックス

こんにちは!皆さんを運動+食事の二本柱で幸せにするオンリーワンボディです!

今日は、「肩こりを放っておくとどうなる?」かについて。

たかが肩こりと放っておくと、慢性的な不快症状に発展してしまう可能性があります。
肩は、腰に比べると痛みに気づきにくい場所です。常に体重を支えている腰は、立って移動するだけで骨が動き、神経が働くため、すぐに痛みを感じます。日常生活に影響が出るので、早い段階で腰痛を治そうとパーソナルトレーニングジムなどに通い始めたりします。

一方、肩は、だるさを感じる程度であれば我慢できてしまうため、放置しがちです。また、無意識に「疲れたなぁ」と思いながら患部を揉んだりストレッチしたりすることがよくありますが、それだけでもある程度症状が緩和するため、根本的に治そうという意識が働きにくいのが肩こりです。しかし、肩こりが慢性化すると、別の場所に痛みや違和感を感じるようになります。「こり」を通り越して、神経に影響が出てくれば、患部の激痛はもちろん、頭痛、吐き気なども起きます。単に肩こりだと思っていたら、別の病気が隠れていたというケースもあります。肩こりの症状を改善しても痛みが取れないときは、迷わず病院へ行ってください。

肩こり解消のためにスポーツジムで運動しているのに、なかなか症状が改善しないという方は、それは単純に運動の仕方を間違っている可能性が高いです。一つ一つのトレーニングのフォームが正しくできていなければ、それは症状をさらに悪化させるための運動にしかなっていません。正しく行えていない運動は、やめるべきです。正しいのか正しくないのかも分からない、ただとりあえずやっているといのであれば、なおさらです。時間とお金がもったいなさすぎます。

オンリーワンボディは、そんな方々のためのパーソナルトレーニングジムです。「正しい動き」で、それぞれの目的に合わせて「無理のない運動」を実施しています。
無料で体験、またはカウンセリングを行っているので、いつでもお気軽にご相談ください。