野球肩とゼロポジションの関係

トピックス

こんにちは!皆さんを運動+食事の二本柱で幸せにするオンリーワンボディです!

今日はタイトルの「野球肩とゼロポジションの関係について。野球をしている人、特にピッチャーは必見です!

まず、ゼロポジションってなんなの?と思われる方がほとんどだと思いますが、普段耳にすることがないので当然です。最近でゼロと聞くと、「糖質?カロリー?」と勘違いしてしまいそうですが・・・本題に戻ります(笑)

ゼロポジションとは、肩の関節が最も安定するポジションで、運動パフォーマンスにおいて安全かつ効率のいいポジションです。(タイトル横の画像がそれです)
投球動作において、ゼロポジションを維持したまま投球すると、傷害が起こりにくくなります。しかし、通常は、何度も投球しているうちにやはり肩の筋肉が疲労し、ゼロポジションが維持できなくなってきます。すると、筋肉の使われ方がアンバランスになり始め、肩関節を痛めてしまいます。いわゆる「野球肩」と呼ばれる障害です。

ゼロポジションは、先ほども言いましたが、最も負担が少なく、しかも最大限の力を発揮できるポジションなので、これを維持し続けることができるようになれば、パフォーマンスの質は高くなります(球速のアップも夢ではありません。もちろん、球速のアップには下半身や上半身の筋力向上も必要ですが)

反対に、ゼロポジションからずれてしまうと、筋肉同士のバランスが崩れて特定の筋肉に負担がかかるようになり、運動を繰り返すうちに障害を引き起こしてしまうのです。

私も野球をしていたので、当時のうちにこれを知っておけば今頃はきっと・・・なんて淡い夢は置いといて、現役バリバリの方でも、草野球でエンジョイされている方も、もし肩のことでお悩みであるのなら、オンリーワンボディへいつでもお気軽にご相談ください!
体験、カウンセリングは無料となっております。