四十肩や五十肩はなぜ起こる?

トピックス

こんにちは!皆さんを運動+食事の二本柱で幸せにするオンリーワンボディです。
いつも読んでいただきありがとうございます。

先日、「肩の障害と加齢」のなかで四十肩や五十肩についても触れました。
今日は、その四十肩や五十肩について。

四十肩や五十肩は、40、50代のいわゆる中年の世代になると発症しやすいことから、そう呼ばれています(そう、たとえ80歳で発症してもです)。これは、原因が特定できない肩の痛みを指すことが多く、医学用語では、肩関節の周りに炎症が起こるので、そのまま「肩関節周囲炎」と呼びます。

四十肩と五十肩の区別は特になく、40代で起こると「四十肩」、50代以上では「五十肩」と、どうやら呼ぶことが多いようです。
多くの人が悩んでいる症状ですが、これといった原因は明らかではありません。しかし、多くの場合では加齢的な機能低下に加えて「なにか」が引き金になって起こります。ある日、動かそうとした瞬間に突然肩に激痛が走ることもあれば、じわじわ痛みが出てくることもあります。さらには、関節内部に石灰が沈着し、肩関節を動かしたときに痛みが出ることもあります。
四十肩や五十肩では、三角筋(腕を横に挙げたり、前ならえや腕を後ろに引く時に働く筋肉)が硬くなっているのが特徴です。三角筋が硬くなる要因として、「廃用性」「運動性」「神経性」などを挙げることができます。

次回は、この「廃用性」「運動性」「神経性」について詳しく説明していきます。