肩甲骨を動かせば、小顔になる?!

トピックス

こんにちは!皆さんを運動+食事の二本柱で幸せにするオンリーワンボディです!
いつも読んでいただきありがとうございます!連日猛暑で体調など崩されておりませんでしょうか?まだまだ暑さは続くので、しっかり食べて、しっかり寝て、適度に運動して代謝機能をアップさせ、暑さに負けない体を作っていきましょう!

さて、今日は「肩甲骨の動きと小顔」の関係について。

顔の血液は、顔の表面を通る「皮静脈」を通り、頭の表面から戻って来る血管と一緒になって心臓に戻ります。この頭と顔から戻る皮静脈は、心臓まで戻る前に首の付け根にある「鎖骨下静脈」(文字通り鎖骨の下を通る静脈です)に入るのですが、首の付け根につながる肩の筋肉がこわばっていると、血液の流れが悪くなり、静脈の心臓への血液の戻りも悪くなり、静脈への戻りが渋滞して、それがむくみとなり顔に現れるのです。
このような顔のむくみは、なんと!肩甲骨を動かすことで解消できます!肩甲骨を動かすことで鎖骨下静脈周辺の筋肉がほぐれ、血液(渋滞していた静脈)の流れがよくなり、むくんでいた顔もスッキリします!
むくみを取り小顔を作るためには、顔のマッサージだけでなく、首、肩を動かす運動も行い、静脈の血液の戻りを良くしておくことがとても大切です。

【まとめ】
肩甲骨を動かすことで、静脈の流れを渋滞させていた筋肉がほぐれ、心臓への戻りがよくなるので顔のむくみもスッキリ!
顔のマッサージだけではなく、首、肩周りの筋肉を動かす運動も行うことで、さらに効果はアップします!