背中のたるみは「ねじり」で解消!!

トピックス

こんにちは!皆さんを運動+食事の二本柱で幸せにするオンリーワンボディです!
いつも読んでいただきありがとうございます!

今日は、背中の「たるみ」について。

ズバリ!背中は、たるみやすい場所です。多くの女性がこのたるみに悩まされておられることでしょう。その解消法をお伝えします。
実は背中、特に脇の下から肩甲骨の下部にかけて、脂肪がたまりやすい場所になっています。それはなぜか。
この部分はもともと動きが少ない場所で、しかも目が行き届きにくい背中側にあるため、意識して動かす習慣があまりありません。
背中のたるみを解消するには、この部分をよく動かして、脂肪がたまりにくい状態を作ります。そこで有効な運動が「ねじり(回旋)運動」です!
背中の筋肉に限らず、多くの筋肉が斜めに走行しています。なので、まっすぐな動きをしているだけでは、十分に筋肉を動かすことはできません。たとえば、脇の下を引き締める主な筋肉は、二の腕の上腕三頭筋長頭と腱板筋の一つの肩甲下筋と呼ばれる筋肉ですが、これらの筋肉も動きにねじりを加えることで、しっかりと刺激することができます。しかも、ねじることで皮ふも一緒にねじれるため、たるんでいる皮ふを刺激する効果もあります。

【まとめ】
背中は普段、もともと動きが少なく、目が行き届きにくい場所なので筋肉がたるみやすい。しかし!ねじる運動をすることでそのたるみともおさらば!できます。
スマホをいじりながら、腕も振らずにダラダラ歩いていたりすると、上記の二つの筋肉も余計に働かなくなるので、たるみまっしぐらでしょう。そうならないために、しっかり前を向いて、腕を振って歩くことも重要です!