太る原因!

トピックス

こんにちは!皆さんを運動+食事の二本柱で幸せにするオンリーワンボディです!
いつも読んでいただきありがとうございます!

朝晩はずいぶん涼しくなり、秋を感じる季節となりましたね。
秋と言えば「食欲の秋!」
美味しい食べ物が豊富で、心身ともに元気になる季節到来ですね♪

食べることは楽しみでもあり、生きていくためには大事なことですが、なぜ、太ってしまうのでしょうか?
今日は、太る原因についてお話しをしたいと思います。

太る原因として、「摂取カロリー>消費カロリー」は皆さまよくご存知ですよね。食べ過ぎや運動不足により、バランスが崩れてしまう状態。しかし、他にも太る原因はあるのです。
その一つが「インスリンの過剰分泌」です。
「甘いものが大好き!」「甘いものがやめれません。」と、甘いものを毎日口にされる習慣がある方はおられませんか?

食事でとった炭水化物は、消化吸収され、ブトウ糖(血糖)になり、血管に取り込まれて血糖値(血中ブドウ糖濃度)が上がります。
そうすると、膵臓から「インスリン」というホルモンが分泌され、インスリンは肝臓・筋肉・脂肪細胞などに働き、ブドウ糖はグリコーゲン(貯蔵糖)へと形を変えてインスリンと合成し、全身のほぼすべての臓器細胞内に取り込むことにより、血糖値を下げます。
全身の細胞内にブドウ糖が行き渡った後に余ったブドウ糖があれば、余剰分は肝臓と筋肉にある「グリコーゲンタンク」というブドウ糖の一時保管所に蓄えられます。
さらに、グリコーゲンタンクに入り切らない程のカロリーを摂取した場合、タンクからあふれたブドウ糖はインスリンにより脂肪細胞に送り込まれ、中性脂肪として蓄えられます。
炭水化物を食べ過ぎると(体脂肪が増えて)太るという仕組みです。
常にグリーコーゲンタンクがオーバーになっている人はいませんか?!

血糖値の上昇が緩やかであれば、インスリンは過剰に分泌されることはありません。
しかし、空腹時に、いきなり甘いお菓子やパン、精白米など糖質主体の食べ物を食べると、血糖値は一気に急上昇し、インスリンが必要以上に過剰分泌され、血管の中は興奮状態になります。
そして、グリーコーゲンタンクに入り切らない余剰分のブドウ糖は大量の体脂肪になってしまいます。
「ちょっとずつの食べ過ぎ」や「空腹時のお菓子」、「毎日甘いものを食べる(甘い飲み物を飲む)」などが習慣になっていると、脂肪を蓄積することに拍車をかけます。
それだけではなく、急上昇させた血糖値を、今度は急降下させ、その時に再び血糖値を上げようとして「もっと(甘いものを)食べたい!」と、食欲を増進させてしまい、負のスパイラルが働き「太りやすい体質」を作りあげてしまいます。
「甘いものは中毒性がある」と言われる意味が解りましたか?!
甘いものをよく食べる習慣や、ちょっとした食べ過ぎの積み重ねは、単純に太るだけではなく、血液や血管にも悪影響を及ぼします。

インスリンが分泌しても、うまく働かない場合や、分泌量が少ない場合、ブドウ糖が肝臓などに取り込まれず、血液中に増えてしまうことがあります。このような原因で慢性的に「血糖値が高い」状態が続く病気を「糖尿病」と言います。
糖尿病でなくても、血糖値が高い状態が続くと、ブドウ糖が全身の血管を傷つけてしまい、血管障害から動脈硬化が進行し、心筋梗塞や脳梗塞のリスクを高めます。
自覚症状がないので、ほとんどの人が気づいておらず、危険な状態の方は増えてきています。

また、最近では、低カロリーのお菓子や飲み物が多く出回っていますが、それらに含まれている「人口甘味料(食品添加物)」の摂取により、腸内細菌叢(腸内フローラ)が変化することで血糖値が下がりにくくなるとも言われています。
注意したい人工甘味料は「キシリトール」「ソルビトール」「マルチトール」「ステビア」「スクラロース」「アセスルファム カリウム」「アスパルテーム」「サッカリン」などです。
このような食品添加物は、腸の悪玉菌を増やして、便秘や下痢、老化、大腸がんなどの発症リスクも高めるので、商品の内容をチェックして、気をつけていきましょう。

ちょっと話がそれましたが、、、
お食事の際には、血糖値を急激に上昇させない食品(玄米や野菜などの食物繊維を含む食品や良質のタンパク質)を選び、そういったものから先に食べ始めるなど、食べ方を工夫すれば肥満を防ぎ、太りにくい体質に近づけれます。
肥満からの糖尿病や脂質異常症などの生活習慣病を予防するためにも、食習慣を見直してみましょう。

「食べ過ぎないことが重要」と、よく聞きますが、どこからが食べ過ぎの領域になっていくのでしょうか?
そもそも、皆さま、ご自身が一日に食べる量はご存知ですか?
テレビや雑誌で「1600kcalダイエット!」という見出しを見かけることもありますが、誰を対象に言っているのでしょうか?と、私は思います。
一日に必要な食事量は、性別、年齢、体格、基礎代謝量、生活活動強度、持病の有無、現在の体調など、様々な条件によって、かわるものです。また、必要エネルギー量がわかっても、その数字を食品に変換する方法や食品の目安量はどうやって知るのでしょうか??
どこかで習いましたか?皆さんが毎日のお食事量を何を基準に決めておられるのか?気になるところです。
そして「○○を食べるだけ(飲むだけ)ダイエット!」など、「ラクさを重要視したお手軽ダイエット」に飛びつく方も多いようですが、、、
まずは、ご自身の体の状態を把握し、食事内容(過不足)を見直すことが重要で、そこに運動もプラスして「規則正しい生活」を習慣づければ、体の中はキレイになり、体型は整います。

オンリーワンボディでの食事指導は、個別に「一日の必要食事量」を具体的にご提示し、現在の食事内容の分析結果と比較して、何を摂り過ぎていて、何が不足しているのかを明確にします。
そこに加えて、PFC(三大栄養素:タンパク質、脂質、炭水化物)バランスをはじめ、食品が持っている栄養素の作用や効率の良い食品の食べ合わせ方、具体的な調理方法、すぐに作れるレシピ(免疫アップメニュー)などをご提供し、皆さまのライフスタイルに合わせた食事改善・向上のお手伝をしております。
そして、今回お話しをした、インスリンの過剰分泌を予防するために、主な食品の「GI値=グリセミック・インデックス」(食後の血糖値上昇を示す値)を目安にして、体にやさしい食べ方を実践していただいております。
皆さまが体への意識を高めて改善され、その結果が体に表れてキラキラ輝いている笑顔を見ると、私達も嬉しく思います!

これからも、栄養学だけにこだわらない、皆様が毎日の生活に取り入れて継続していただけるような食事指導を行い、目先のダイエットだけではなく、「太りにくく元気で長生きできる体」づくりのお手伝いをさせていただきます。
食べ物やお料理のことなど、素朴な疑問があれば、お気軽にご相談ください。