メタボリックシンドローム!

トピックス

こんにちは!皆さんを運動+食事の二本柱で幸せにするオンリーワンボディです!いつも読んでいただきありがとうございます!いつも読んでいただきありがとうございます!

今日は、今ではどこでも耳にするようになったメタボリックについて。

皆さんは、メタボリックシンドロームを日本語でいうと、なんというかご存知ですか?日本語では「内臓脂肪症候群」といいます。
さらに細かくいうと、メタボリックは「代謝」、シンドロームは「症候群」という意味です。じゃあなんで代謝症候群っていわないんだ?!と言いたくなりますが、内臓脂肪の蓄積によってさまざまな代謝の異常が引き起こされるので、内臓脂肪症候群になります。
しかし、内臓脂肪症候群というと内臓脂肪のみが強調されがちですが、メタボリックシンドロームとはそもそも肥満、高血圧、脂質代謝異常、高血糖など複数のリスクを併せ持った病態を表す言葉と思っておいてください。これは一つひとつの程度は軽くても、その数が多ければ多いほど、心疾患(心筋梗塞など)の発症するリスクは増加してしまうのです。過食と運動不足を背景に増加している動脈硬化性疾患の要因として注目を集めています。

次に診断基準ですが、診断基準の必須項目は【内臓脂肪の蓄積】です(☚これ大前提)。その他に、高血圧、脂質代謝異常、高血糖がありますが、この4つのうちの2つ以上が該当すればメタボリックシンドロームと診断されます。なぜ内臓脂肪の蓄積が大前提なのかというと、内臓脂肪の蓄積が動脈硬化を引き起こす大きな要因であることが様々な研究から明らかにされ、大変重要視されるようになったからです。そして、その指標とされたのがウエスト周囲径です。
ウエスト周囲径の男女の基準は、男85センチ以上、女90センチ以上となります。しかし、ウエスト周囲径は内臓脂肪と皮下脂肪の両方を含むため、必ずしもすべての人に当てはまるわけではありません。

オンリーワンボディでは、体組成計を使い運動開始日(初回)と利用3ヶ月を経過したくらいで、結果を知るために計測しています。気になる方は、体験は無料なので一度計ってみてはいかがですか?
ちなみに、今月初めから週2回ペースで通われ始めた女性が(この方もやはりウエストを気にされていました)、1ヶ月も経たないうちにウエスト周囲が86センチから81センチまで、なんと5センチも細くなったと大喜びされています!(ちなみに、見た目もかなりスッキリされ、趣味のバレーでもアタックの正確性が高まるなど、身体機能の向上を実感されています!どんな運動や食事制限をしたの?!と気になられると思いますが、派手なことは一切なく、また極端な食制限をしたわけでもなく、とにかく食事も運動も基本に忠実に実施してもらっただけなのです)

健康診断で運動や食生活の改善を勧められた、特に40代、50代のまだまだ働き盛り、動き盛りの皆さん。メタボリック予備軍、または完全にメタボリックシンドロームと診断された皆さん。「運動ってしんどいしやったことないし…」とか、「料理して食事するのってなんか面倒くさいから適当に惣菜買って、あとは野菜ジュース飲んどけばいいや」と日々生活していると、そのうち確実に体は悲鳴を上げます。
オンリーワンボディでは、いきなり大幅に食生活や運動習慣を変えるような、極端な指導はしません。【調った食事】と【運動】のどちらもに徐々に慣れていただき、「元気に長生きできる体づくり」を目指します。
少しでも興味を持っていただけた方は、いつでもお気軽にご相談ください。体験は無料です。妻と二人、心よりお待ちしております。