筋肉って何のために存在しているの?

トピックス

こんにちは!皆さんを運動+食事の二本柱で幸せにするオンリーワンボディです!いつも読んでいただきありがとうございます!

今日は、「筋肉の存在理由」について。

筋肉の存在理由で一番大きな理由・役割、それは「身体を動かすエンジンとしての役割」です。人間を含む生き物が活動できるのは、筋肉が動くからで、筋肉が存在しなければ歩くことも立つこともできません。
また、身体の中の内臓などの器官や組織も筋肉が動かしています。自分自身はじっとしていても、心臓は拍動し、肺は呼吸、胃や腸は消化・吸収などのために動いているのです。普段の生活や運動中にしても、体の中で起こっている生命維持のための内臓の運動にしても、すべて筋肉の収縮が原動力になっているのです。
第2の役割は、「重力などに対する姿勢の維持」です。いつも言っていることですが、立っているとき、座っているとき、仰向けに寝ているときでも、力の発揮レベルに高低はありますが、筋肉は身体の中で常に力を出し続けて緊張を保っていて身体の姿勢を保持しています。
第3の役割は、「熱を作ること」です。ヒトを含めた恒温動物は、ある一定の熱が身体にないと生きていくことができず、ヒトの場合は常に37℃ほどの体温が保たれるようになっています。しかし、気温は通常37℃よりも低いので、自分自身でエネルギーを使うことによって熱を作る必要があります。その熱を主に作ってくれるのが、実は筋肉です。熱生産の約6割が筋肉で、2割前後が肝臓や腎臓、残りの2割が褐色脂肪とされています。
熱が作られ、維持されているということは、そのためにいつもエネルギーを消費しているということ。そして、そのために糖質や脂質が使われています。(※もし筋肉によるエネルギーの消費レベルが落ちてくると、糖質や脂質が身体の中に余分に蓄積されてしまいます。その結果として、メタボリックシンドロームにはじまる生活習慣病へと向かっていくのです)
第4の役割は、「力学的ストレスから身体を保護すること」。例えば、腹筋や背筋によってお腹の中にある内臓は守られています。自動車でいうと、車体がしっかりしているから、中のエンジンなどが正しく機能できるのです。
第5の役割は、「内分泌器官としての役割」。最近の研究によると、運動することによって筋肉からある種の物質が分泌され、それが身体のさまざまな組織や器官に影響を及ぼすのではないかと考えられるようになっているようです。

このように、筋肉はいろんな役割を果たしてくれるとても重要な存在なのです。こんな重要な存在の筋肉が、ちゃんと動いていないと身体に悪影響を与えてしまうのは明らかですよね。もちろん、ただ動かすだけではなく、そのために必要な栄養素をバランスよく摂取することも忘れないでくださいね。(もちろん、摂り過ぎには注意です)